こんなにあるの?ビジネス用の通信機器

これまではどんな通信機器を使っていたの?

企業のほとんどで導入されているビジネスフォンは、通常の電話回線では無く複数の電話機で複数の電話番号を使う事が出来る電話機です。その仕組みはもちろんですが、接続方法や平均的な価格についても紹介しています。 企業のマストアイテムですので、導入検討の方は参考にしてみて下さい。

ネット接続をするなら必須!

ルーターは個人宅にも多く設置され、ネットを使う為に必要不可欠な機器です。しかし個人宅で使っているルーターは企業で使うのは、やや心もとないものです。 ここでは業務用ルーターの仕組み、設置方法について説明しています。価格や特徴についても合わせて紹介しています。

有線接続ならハブが一番

社内LANを構築している場合、回線を分岐しなければ複数のコンピューターを使う事は出来ません。そこで活用されるのがハブです。 一般家庭用にも販売されていますが、業務用はポートの数や通信規格が異なるのが特徴です。パソコンだけではなくプリンタやスキャナにも接続出来ます。

ビジネスフォンと通常の電話機の違いは?

私達の生活の中で当たり前になったネットですが、それは企業にとっても同じ事です。多くの企業ではネット通信はもちろんの事、様々な通信機器を使って業務を遂行しています。今となっては当たり前になっていますが、ネットが発達する前までは、どの様な感じであったのでしょうか。
昔のトレンディードラマを見ていると分かる様にPCはほとんど設置されておらず、書類は手書きです。電話機はありますが、数が少なく部署に1台という事も珍しくありませんでした。
ネットがどんどん発達し、そこに導入される様になったのが通信機器です。業務を円滑に進める為に必要な機材を導入し、簡単に他部署や社外の方とも連携が取れる様になりました。またカスタマーセンターが、増えてきてからは同じ回線で複数人が電話を取る事が増えた為、通信機器は爆発的に進化を遂げました。
今回は通信機器にスポットを当てて紹介していきたいと思います。一見、アナログだと思っている企業でもしっかりと目を向けると多くの通信機器を使っています。また新規事業を立ち上げる際に必要な機材ですので、価格帯や一般的な設置方法についても紹介していきたいと思います。
ビジネスフォン・ルーター・ハブについて情報を提供していますが、他にも多くの機材がありますのでチェックしてみるのも面白いですね。
新品だけでは無く中古で販売しているマーケットもありますので、低価格で購入したい方にはぴったりではないでしょうか。

おすすめリンク

韓国に強いWi-fiレンタル

韓国に行く前にレンタルしたいWi-fi。韓国でも快適にネットに繋げるようにしましょう。

TOPへ戻る