最近、体のことで気になることありませんか?病気以外にも重要なことお伝えします!

早期検査って一体何?

循環器や呼吸器、消化器などの検査

循環器と言ったら心臓を思い浮かべるのではないでしょうか?
心臓の病気にも弁膜症や心筋症、不整脈と様々です。
また、心臓は1日に10万回の拍動を繰り返していて多くの酸素や血液を循環させます。
まず血圧測定を行い動脈硬化や脳卒中などの病気になっていないか確認します。
次に、心電図検査を行い心臓病の発見や診断を行います。
呼吸器と言ったら肺や気管支を思い浮かべるのではないでしょうか?
まず、肺がん検診を行い早期発見できれば予後は良好なため早期検査が重要です。
次に、気管支内視鏡を行い細い管を口から入れて気管支や肺の内部を観察します。
消化器といった胃や大腸などを思い浮かべるのではないでしょうか?
胃の病気の多くは暴飲暴食やアルコールの過剰摂取などが積み重なりもたらされてます。
やはり心配されるのが胃がん検診であり、現在では内視鏡検査が選択可能となっているため受診者の負担が軽減されているため受診しやすくなってます。

脳や肝臓などの検査

脳の検査と言ったら頭部CT検査を行い頭蓋骨の中を5mmから1cm間隔の輪切
りにした画像を映し出し脳卒中など発症してないか確認します。
しかし、CTにも限界があります。
ここで登場するのが先ほどお伝えしたMRIです。
頭部MRI検査を行いCTでは発見することができなかった小さな脳梗塞などをはっきりと映し出すことができます。

肝臓の検査では最も一般的に行われる肝臓病の検査としてGOTやGPT検査が用いられます。
肝臓病の有無について調べるときに有効な検査です。
また、アルコール性肝障害の診断にはr₋GTP検査が重要であり、急性肝炎や肝臓がん、心筋梗塞の診断にはLDH検査が行われます。
肝臓がんやすい臓がんなどを発見する検査として腹部CT検査が用いられ腹部臓器に悪妻腫瘍がないか調べます。

もし気になることがあれば一度病院に行って検査についてお聞きしてみるのもいいかもしれませんね。