こんなにあるの?ビジネス用の通信機器

ビジネスフォンからルーターまで仕事に関わる通信機器

>

これまではどんな通信機器を使っていたの?

ビジネスフォンの仕組みと特徴

自宅に電話回線を引いている方は多いと思いますが、基本的に電話機と電話番号は1つだけです。自宅の形態によってはホームテレフォンを設置しているケースもありますが、電話番号を複数持つ事は出来ません。
ビジネスフォンは簡単に言うと、電話番号を複数の電話機で使う事が出来るシステムです。設定によっては複数の電話番号を1つの電話機で受ける事も出来るので、コール業務などでは導入必須の通信機器です。ビジネスフォンは主装置と電話機に分かれ、それぞれの設定が必要です。
主装置は新品であれば20~25万円程、中古の場合は15万円程度です。電話機はグレードや機能にもよりますが新品だと1台2万円程度です。オークションなどで中古電話機をまとめ売りされているケースもあります。

設置方法はどうすればいい?

ビジネスフォンは通常の電話機の様に、モジュラージャックへケーブルを挿しこめば良い訳ではありません。
モジュラージャックの様な回線を複数接続する必要があり、外線ユニット・内線ユニットに分かれています。別口で電源ユニットもあり、これらを全て主装置に接続します。この主装置が外線と内線を切り替えてくれるので、電話番号が複数ある場合は、外線もそれに合わせて増えていきます。主装置に繋げた先にモジュラーケーブルを使って、電話機へ接続します。この時電話機にLANケーブルを差込めば、IP電話としての機能も追加されます。
但しこれらの設定は専門的な知識が必要になりますので、素人が行うのは大変危険です。設置依頼は、専門業者へ依頼するのがベターです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る